靴の感想シリーズ第二弾は、スカルパの「フェローチェ」です。
フェローチェ
 スカルパの靴は基本的に作りが素晴らしく、しっかりと足の形をしているので、心地良く足にフィットしてくれます。今回のこのフェローチェも例外ではなく、ダウントゥ、ターンイン共に優しく、とても素直な足入れです。
R0012708.jpg
 サイズはスポルティバと同じEU表記ですが、スカルパの方が作りが小さく、前回のカタナレースアップで37.0を選んだ僕にとっては、フェローチェでは38.0が丁度良いサイズとなります。今回は本気シューズとしての使用感を試したいので、37.5にしました。
  履いてみて最初に感じるのは、指の腹部に当たるポッコリです。
 指を曲げた時に出来る隙間を埋める様に盛り上がりがあるんですが、この盛り上がり(以下、ポッコリ)を丁度指で掴む様な形になる為、履いた時の感触は良いんですが、これが登りにどう影響してくるのか?。
左右から締める3本のベルクロは、足をガッチリ包み込んで一体感抜群!。全体的に硬い印象で、ギュウッと足を固めて、クライミングシューズを履いていると言うよりは、プロテクターを装着した様な感覚。
  さて、実際登ってみてどうでしょうか。
R0012718.jpg
 最初に感じるのはやはり例のポッコリです。
今までの靴では、足の指で掴む感覚を頼りに登っていたのが、この靴では全くそれが出来ません。
グッとホールドに押し当てて掴もうとすると、指の腹部にポッコリが当たって来て、ホールドの感触が全くわからず、掴めているのかイマイチ信頼が持てません。でも、感覚的に違和感があるというだけで、登れる登れないに影響は無い様にも思えます。
R0012737.jpg
その他はとても良く、足をガッチリ固められている為、細かいスタンスへもしっかり乗れるし、ヒールフックの掛かりも良く、信頼性は抜群。
トゥはラバーが硬めな印象で、ベルクロはトゥフック部分をよけてはいるんですが、どうしても厚みがある為、若干の使いづらさは感じるものの、充分使えるレベル。全体に硬い為か、スメアはイマイチ。
この間珍しく岩場に行って来たんですが、ガッチリプロテクターな感覚は安心感が高く、インドアよりアウトドアの方が使い易く頼もしく感じました。最近ではこの靴を常に使っているんですが、使い続けるうちに例のポッコリも気にならなくなり、安心感さえ覚えるようになりました。
R0012726.jpg
 使い続けて感じるのは、足への馴染みが早い割に、その後伸びにくいという事です。
なので、サイズ選びの時も
伸びを期待してあまりキツイのを選ばずに、すぐに使える感覚のサイズを選ぶ事をオススメします。
逆に楽過ぎるサイズも良くありません。例のポッコリの位置が合わず、それこそ使いづらくなってしまいます。
豊田#3
 今現在このフェローチェはモンタニアに置いてはいませんが、僕の靴で試し履きして登ってもらっても良いし、2サイズ取り寄せて履き比べをし、どちらかを買うということも出来るので、是非試してみて下さい。
とにかくスカルパのクライミングシューズは、どれも履きやすく使い易いので、信頼のおける一足になると思います。
                                                     だいち


商品の入荷情報を早くお伝えするため
モンタニアのツイッターを始めました!
登録は↓からお願いします!
http://twitter.com/montania_shop
モンタニアのツイッター

ツイッターとは?
カクタスもツイッターを始めました!
登録は↓からお願いします!
https://twitter.com/cactus_climbing
カクタスのツイッター

カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋