下の写真の様につま先のラバーが削れ、下地が見えてくるとつま先修理のサインです。
このまま履き続けてしまうと、下地が破れ場合によっては修理不可能にもなってしまいますので
愛用の靴や、今後も大事に履いていきたい…と思われる場合は修理することをお勧めします。
ただ「つま先修理のみ」というオーダーは修理の工程上できませんのでご了承ください。
つま先


修理前
修理後
修理後(写真はバーチリソールから戻ってきたものです)

バーチリソールのページ
カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋