さて今回は、初めて岩場で登ってみよう!
という事で、岩場未経験のみなさんと一緒にカクタスを飛び出し、豊田・大給城址へ。
CIMG2123.jpg
初めて目にする本物の岩、どんな心境だったでしょうか?。
CIMG2125.jpg
岩場初体験とは言えカクタスで登り込んでいるみなさん、岩への対応も早く、ウォーミングアップを難なくこなします。
CIMG2127.jpg
余裕のカメラ目線A倉さん。
CIMG2130.jpg
いつになく真剣な顔を見せるO町さん
CIMG2136.jpg
ピクニック気分のランチタイム♪
CIMG2137.jpg
真剣な眼差しで登るF田弟↑
妙なガッツポーズを見せるF田兄↓
CIMG2140.jpg
CIMG2146.jpg
紅一点、Gねーさん☆
CIMG2156.jpg
普段味わう事のない形状にも落ち着いて対応するさすがのA倉さん
CIMG2157.jpg
CIMG2164.jpg
ちょっと難しい課題にもチャレンジ。
こんな低いところからスタートする事もあるんですね~。
CIMG2195.jpg
この日一人で来ていた☆平君(左)、前回敗退したマッドドッグ/二段を見事完登し、合流。
道理でいい顔してます。
そして3時のティータイムには田なか夫妻によりコーシーが振る舞われました。
CIMG2169.jpg
気の抜けない外岩でのマントル。
CIMG2170.jpg
万が一に備えて、スポッターも身構えます!。
CIMG2173.jpg
CIMG2178.jpg
岩場では手も足も自由!!
CIMG2180.jpg
でもホールドが無い!!。
CIMG2190.jpg
わずかな凹凸を見つけ、絶妙なバランスで登って行きます。
CIMG2192.jpg
登る様に造られた人工壁と違って、自然にできた形状をテクニックとアイデアで攻略した時の達成感は
何ものにも代えられないものがあります。
CIMG2193.jpg
CIMG2199.jpg
そして、登り終えたらみんなでお掃除
岩に付いたチョークを出来る限りブラシで落とします。
CIMG2200.jpg
最後はみんなで社員旅行的集合写真をパチリ。
怪我もなく、それぞれ岩場デビューを楽しんでもらえたようで良かったです。
クライミングに対する意識も、今までとは変わったかも知れませんね。
今後のクライミングライフがより楽しくなりますように!!!。
皆さんありがとうございました!!。

*注意*
岩場に行く際はきちんとした装備と知識、岩場でのマナー&駐車場の問題(アクセス問題)などを理解したうえでクライミングを楽しみましょう。またそれらを理解したうえでも、特に未経験者同士でのクライミングは細心の注意が必要です。
外岩ではどんな行為も結果も全て自己責任です。
心配がある方は岩場デビュー前にスタッフまでお尋ねください。
~アクセス&マナー問題への追記~
一般に公開されているエリアであっても、山林(その中の岩を含める自然も)は基本的に所有者(地権者)のものです。けして誰の物でもない岩を登るわけでも、誰の物でもない山林に出入りしているわけでもありません。
河川付近であればそこにある岩や自然も含め、市町村や電力会社(ダムや発電所付近)漁業組合(釣場や資源保護目的として)などが管理しています。そのことをまず理解しましょう。
自然の中だからといって好き勝手な行動は慎み、立ち入り許可等が不明瞭な山林に勝手に立ち入ったりすることは避けましょう。山菜栽培や、事故回避などの理由から立ち入り禁止の山林もたくさんあります。
また手がつけられてない岩に登攀する場合、未登の岩は表面が非常にもろく大きく剥離する場合が多々あります。自身でそのリスクや危険を察知、回避できない場合は絶対に登攀するのはやめましょう。
地域によって巨石は信仰の対象になっている場合もあります。祠(ほこら)や、しめ縄など、あきらかに人の手が加わり管理されている岩への勝手な判断による登攀は絶対にやめましょう。例えそうでない場合でも無用に岩や自然を傷つけたり、登攀することは絶対にしてはいけません。
河川でのクライミングでは増水時の危険性を理解し、放流サイレンなどへの注意を払いましょう。発電所付近でのクライミングは事故、管理会社とのトラブルに発展する可能性が大きく絶対にしてはいけません。またダムや水源近くでは特に排泄物やゴミを水に流したりすることは絶対にしてはいけません。
車を駐車する場合、必ず乗り合わせなどの配慮をし、駐車する台数を少なくしましょう。それでもすでに駐車できそうなスペースなどがない場合は無理な路肩駐車はせず、他のエリアにまわるなど絶対に無理な駐車はしないようにしましょう。またトポなどで駐車場が指定されているエリアでは絶対にそれ以外の場所に駐車することはやめましょう。
全てのアウトドアに共通することですが、自分で出したごみは持ち帰る、許可のない場所での焚火、キャンプなどはしない。物を残置しないなど当たり前のルールを徹底しましょう。
近くに民家などがある岩場での深夜に及ぶナイトボルダーや、一般の人から見て奇行、奇声(クライマーにとっては普通であっても)と誤解される恐れのある行為は出来るだけ避けるましょう。
すでにチョーク痕が残っていたとしても、クライミング後は残ったチョークを必ずブラシするなど当たり前の常識を守りましょう。
こうしたことは常識として当たり前のことであり、それを無視した行動は、クライミングに対して理解を示してくださる地元のみなさんの反感を買うばかりでなく最悪エリア自体への立ち入り禁止、全面的なクライミング禁止措置へとつながり、自己責任ではどうしようもできない問題へ発展する恐れがあります。岩場が基本的に自己責任の世界だとすれば自己では責任をとれない問題へとつながる行為は絶対にやめましょう。
ひとりひとりのクライマーがきちんとこうした問題を自覚していれば、現在問題となっている多くの問題は解決できます。いつまでも自分たちの楽しめるフィールドを残していくためにも常に大人として常識のある行動をとりましょう。
一般に公開されているエリアでは事前に誰かが必ず地権者と交渉をし、クライミングを理解してもらったうえで岩場としてみんさんに公開されています。山の下草刈りや下地の整備もそうです。そうした方々の努力を無にするような行動は絶対にやめましょう。
特に愛知県は近隣に鳳来、豊田、少し足を延ばせば岐阜・瓢、笠置など日本でも有数の岩場を抱えています。こうしたエリアの地元である以上、クライミングをするうえで「知らなかった」「教えてません」では済まされないモラルやルールの徹底が個々、またはクライミングジムの責任として付いて回るのは当然のことだと思います。いつまでも地元のエリアでクライミングを楽しむためにも、今後クライミング人工の増加にともない、ますますみなさんひとりひとりの意識の高さが問われます。岩場を利用するひとりひとりがこうした意識を忘れずに行動する必要が責任として求められることを理解しましょう。

商品の入荷情報を早くお伝えするため
モンタニアのツイッターを始めました!
登録は↓からお願いします!
http://twitter.com/montania_shop
モンタニアのツイッター

ツイッターとは?
カクタスもツイッターを始めました!
登録は↓からお願いします!
https://twitter.com/cactus_climbing
カクタスのツイッター

カクタス 豊橋ボルダリング 豊橋クライミング クライミングレッスン クライミング施設豊橋