11月に入りいよいよクライミングのハイシーズンが近づいてきました。そんな中モンタニアから今シーズンのベストアイテムとなりそうな予感を漂わせるアイテムの紹介です!
~PaaGo Worksとは?~
パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです。
ブランド名のPaaGoは ”Let’s Pack & Go!” を略した造語です。「さあ、荷物を詰め込んで出かけよう!」という旅立ちのメッセージを込めています。
ブランドマークは折り紙の手裏剣です。折り紙は創造性、手裏剣は機能性を表すと同時に、日本人の武器として、世界にも通用する道具を作りたいという気持ちを表現しました。
商品の開発コンセプトは”実践的かつ実験的”。徹底したフィールドテストにより機能性を追求しながらも、既成概念にとらわれないユニークな商品開発をしていきます。また、アウトドアギアは究極の”ユニバーサルデザイン”だと捉え、誰もが無理なくフィールドで使える道具を目指してデザインしています。
自然の中で仲間や家族と楽しく過ごすこと、それはとても素晴らしいこと。そして人間らしく生きるためにも必要不可欠な時間です。そんな大切な時間をパーゴワークスの道具と過ごしてくれるなら、私達にとってこれほど嬉しいことはありません。
~PaaGo HPより~
PaaGo Works HP
そんな同社が作り出した商品はこちら…
pf01111.jpg
Pathfinder「パスファインダー」
pf_capacity_001.jpg
メインルームのポケット類は、取り出しやすさと重量バランスを吟味してレイアウトされています。トレッキングなどによく使う道具を整理して収納できるうえ、内容物を一覧できるので忘れ物も減ります。(写真はLサイズ)
pf_capacity_002.jpg
バッグ前面のマップポケットには大きく開くクリアポケットをレイアウト。標準的な山地図やガイドブックが入るスペースを確保していますので、コンパスを使っての現在地確認も容易です。(写真はLサイズ)
そしてこのパスファインダー最大の特徴は…行動中に必要なものを身体の前に持てることです。どういことかといえば…今回はモンタニアスタッフが実際にクライミングに利用することを想定し、ザックではなくクラッシュパッドに装着してみました。
2.jpg
このように付属の専用アタッチメントを使用することにより…
1.jpg
取り付ける場所はザックやクラッシュパッドなどのショルダーベルト・調整バックルの部分…
3
このようにアタッチメントに対しワンタッチで着脱ができ…
4
チェストバックの完成です。前面にトレイルに必要な物を配置でき、いちいちザックをおいて…といった手間がありません。
5
マップはもちろんクライミングのトポなども収納できる大きさです(Lサイズ)。クライミングのシーンではこれまでクラッシュパッドに挟んでは取り出し…とかなりわずらわしかった悩みが解消です。
6
もちろんそれ以外にも行動食、貴重品といったこまごましたものをまとめて収納できます。シューズやチョークなどの他の荷物とそれらを分け、管理、収納し、さらにそれらを前面に配置できることで、岩場での紛失のリスクも軽減できます。
9.jpg
もちろん通常ではショルダーバック…
10.jpg
またはウエストポーチしての単体での使用も可能です。
本来の主目的であるトレッキングや登山はもちろん、クライミングシーンでの活用にも非常にすばらしい可能性を感じさせせてくれる商品です。是非一度モンタニアに足を運び商品を手にとってご覧になってください。
「パスファインダー・Lサイズ」
価格:6300円(税込)
サイズ:220X250X90 容量:約4・5L 単体重量:約250g
主素材:ナイロン210D ポリウレタンコーティング
付属品:レインカバー、アタッチメント、ショルダーベルト
カラー:ブラック、グレー、ライトオリーブ
このほかMサイズ、Sサイズ有

~取り付けの注意~
バックル部分への取り付け位置を間違えると緩みや脱落の原因となります。ご注意ください!
1.jpg
正解。バックル部分の上部に取り付けます。
8
間違い。下部に通してしまうと、緩みます。お気をつけください。