R0013319.jpg
今年もハイシーズンをむかえている豊田の岩場ですが、最近では週末の古美山、大給、百を含む駐車場の異常な混雑&それにともなう利用マナー、また岩場でのマナー問題など、今後問題となりそうな話が多く耳に入ってくるようになりました。
以下はJFA(日本フリークライミング協会)のHPに掲載されていた内容です。
~岩場周辺でのマナーの再確認を~2012年1月10日のNEWS項目より
* 豊田のボルダー周辺での利用上のマナーについて、会員の方から情報が寄せられました。内容は駐車場でのテント泊、岩場周辺での火の取り扱いです。
* 現在、岩場周辺でのクライマーの行動が原因で禁止、自粛になっている岩場がいくつもあります。東海では、豊橋の石巻山があります。豊田でも霧山エリアがネット公開後に登攀自粛になったばかりです。マナーの問題は豊田だけの話ではありません。あらためて岩場を利用する際の注意事項についてご確認をお願いいたします。
* まず第一は駐車場です。指定された駐車場に駐めるのは無論のことですが、都市周辺の公園地の駐車場内でのテント泊は禁止とお考えください。場所によっては車中泊も行うべきではありません。豊田については『Rock&Snow』誌#39のP.129、P.131に駐車場や宿泊についての注意事項が記載されていますので、ご確認ください。
* また、タバコをすいながら灰を落ち葉の上に平気で落としているクライマーが見られるとのことです。そうした行為は山火事につながりかねません。湯河原幕岩の禁止問題でも、保安林内でのクライマーの火器使用を、町当局が理由の一つに上げているという話が伝わっています。樹林や草原の中や周辺は火器の使用や喫煙は不可と考えてください。火器の使用が認められている場所でも、火の管理と後始末はきちんと行ってください。
以上JFAホームページよりコピー&転載させていただきました。
また最近駐車場の混雑が特にひどいとされる古美山の駐車場について元なにわ娘のボルダリング日記さんのブログ内に以下の記事を見つけたので、許可を得たうえでコピー&転載させていただきます。
~豊田・古美山の駐車について~ 2012年1月10日の記事より
豊田 古美山の駐車場に関する情報をゲットしたので記載。公衆トイレ下にある空き地の利用に関する大切な情報なので、当該エリアを利用されるクライマーの皆さんには周知徹底いただき、周りのクライマーにも共有をお願いしたい。
<概要>
・長らく閉鎖していた古美山駐車場下の川魚の民宿?割烹?は現在、新しく「マクロヴィレッジ」という民宿として1月からプレオープン中。
・古美山の公衆トイレがある所から坂を下った両サイドの空き地は基本的にマクロヴィレッジの駐車場になるため無断利用は不可。利用する場合は以下のルールが適用される。
・利用者が1~2名の場合=駐車料金は不要だが、代わりにコーヒー・紅茶・チャイといった飲み物(1杯450円程度)を飲んでいって欲しいとのこと。
 
・3名以上の場合=駐車料金1000円/日。この場合、飲み物は駐車料金に含まれるとのこと。
・マクロヴィレッジの正式なオープンは3月初旬予定。ただし、プレオープン中の現在でもコーヒーを飲んだり素泊まりで宿泊したりする事が可能。
※1月7日~8日現在の情報のため、正式なオープンが近付くにつれシステムが変わる可能性あり。詳細は現地で都度確認のこと。
実を言うと、私も去年まで上の駐車スペースが満杯のときにあの空き地を利用させてもらっていた。ただ「ここって停めていいの?」という戸惑いが常にあり…今回の一件でずっとモヤモヤしていたことがスッキリしたのは良かったけれど、同時にこれまでなーなーで岩場を利用していた自分が恥ずかしく思えた。
乗り合って車の台数を減らす。(大滝渓谷駐車場を利用してもよし)時間帯をずらして訪れる。駐車する際はできるだけ詰めて停める。
などなど。
私たち一人ひとりが高い意識を持って工夫や配慮を重ねること、それが岩場を守ることにつながっていく。いつまでも楽しく登るために、みんなで協力していけたらと思う。
以上元なにわ娘のボルダリング日記さんブログより。
そんな事情を踏まえ…以下はカクタスクライミングパークからのお願いです。
~アクセス&マナー問題について~
岩場に行く際はきちんとした装備と知識、岩場でのマナー&駐車場の問題(アクセス問題)などを理解したうえでクライミングを楽しみましょう。またそれらを理解したうえでも、特に未経験者同士でのクライミングは細心の注意が必要です。外岩ではどんな行為も結果も全て自己責任です。
一般に公開されているエリアであっても、山林(その中の岩を含める自然も)は基本的に所有者(地権者)のもの、またはそれらの管理を委託されている管理者の管理下にあります。けして誰の物でもない岩を登るわけでも、誰の物でもない山林に出入りしているわけでもありません。河川付近であればそこにある岩や自然も含め、市町村や電力会社(ダムや発電所付近)漁業組合(釣場や資源保護目的として)などが管理しています。そのことをまず理解しましょう。
自然の中だからといって好き勝手な行動は慎み、特に立ち入り許可等が不明瞭な山林に勝手に立ち入ったりすることは避けましょう。山菜栽培や、事故回避、自然保護など様々な理由から立ち入りを禁止している山林、河川もたくさんあります。
また許可が下りている場所であっても、手がつけられてない岩に登攀する場合、未登の岩は表面が非常にもろく大きく剥離する場合が多々あります。自身でそのリスクや危険を察知、回避できない場合は絶対に登攀するのはやめましょう。
地域によって巨石は信仰の対象になっている場合もあります。祠(ほこら)や、しめ縄など、あきらかに人の手が加わり管理されている岩への勝手な判断による登攀は絶対にやめましょう。例えそうでない場合でも無用に岩や自然を傷つけたり、登攀することは絶対にしてはいけません。
河川でのクライミングでは増水時の危険性、季節によって水位の上下があることを理解し、放流サイレンなどへの注意を払いましょう。特に発電所付近でのクライミングは事故、管理会社とのトラブルに発展する可能性が大きく絶対にしてはいけません。またダムや水源近くでは特に排泄物やゴミを水に流したりすることは絶対にしてはいけません。
岩場周辺に車を駐車する場合、まず事前に乗り合わせなどの配慮をし、駐車する台数そのものを少なくしましょう。指定、決められた駐車場に駐車できそうなスペースなどがない場合は、無理な路肩駐車はせず、他のエリアにまわるなど絶対に無理な駐車はしないようにしましょう。またトポなどで駐車場が指定されているエリアでは絶対にそれ以外の場所に駐車することはやめましょう。クライミングで駐車する場合長時間の利用がほとんどです。国定公園内のようにトレッキングも楽しめる山や公園などの駐車場に駐車する場合は特に注意が必要です。クライマーが利用者の全てというような自分勝手な思い込みはやめ、他の目的を持った人たちのことをまず優先に考えましょう。
全てのアウトドアに共通することですが、自分で出したごみは持ち帰る、許可のない場所での焚火、火器使用、キャンプなどはしない(場合によっては車中泊も)。物を残置しないなど当たり前のルールを徹底しましょう。例えクライマーが出したゴミでもなくてもごゴミに気づいたら拾うように心がけましょう。良い事は記憶に残らず、目につきませんが、悪い事は記憶に残り、目立ちます。とにかくクライミングを知らないひとに誤解をされない、されにくい努力をひとりひとりが日頃から積み重ねましょう。近くに民家などがある岩場での深夜に及ぶナイトボルダーや、一般の人から見て奇行、奇声(クライマーにとっては普通であっても)と誤解される恐れのある行為は出来るだけ避けるましょう。クライマーの常識=一般常識で必ずしもはありません。すでにチョーク痕が残っていたとしても、クライミング後は残ったチョークを必ずブラシするなど当たり前の常識を守りましょう。こうした小さなひとつひとつ行為が、ひとりひとりの意識を高く保つことにつながります。
「すでに他のひとがそうしていたし…自分だけではないし…」といった曖昧な責任転嫁はやめましょう。大人としてその行動が正しいかどうか、自分で自身で判断をし、自分の行動には自分で責任を持ちましょう。
こうしたことはクライマーとしての常識というよりそれ以前の、一般常識の範囲で容易に想像がつく種類ことばかりであり、それを無視した行動は、クライミングに対して理解を示してくださる地元のみなさんの反感を買うばかりでなく、最悪エリア自体への立ち入り禁止、全面的なクライミング禁止措置へとつながり、自己責任ではどうしようもできない問題へ発展する恐れがあります。岩場が基本的に自己責任の世界だとすれば自分では責任をとれない問題へとつながる行為は絶対にやめましょう。
ひとりひとりのクライマーがきちんとこうした問題を自ら考え、自覚していれば、現在問題となっている多くの問題を解決&改善の方向に進めたり、もしくはこれ以上悪化するリスクを防ぐことはできます。いつまでも自分たちの楽しめるフィールドを残していくためにも常に大人として常識のある行動をとりましょう。
そして一般に公開されているエリアでは事前に誰かが必ず地権者や管理者と交渉をし、クライミングを理解してもらったうえで岩場としてみんさんに公開されています。山の下草刈りや下地の整備もそうです。そうした方々の努力を無にするような行動は絶対にやめましょう。
愛知県は近隣に鳳来、豊田、少し足を延ばせば岐阜・瓢、笠置など日本でも有数の岩場を抱えています。こうしたエリアの地元である以上、クライミングをするうえで「知らなかった」「教えてもらってません」また「教えてません」では済まされないモラルやルールの徹底が個々、またはクライミングジムの責任として付いて回るのは当然のことだと思います。いつまでも地元のエリアでクライミングを楽しむためにも、今後クライミング人工の増加にともない、ますますみなさんひとりひとりの意識の高さが問われます。岩場を利用するひとりひとりがこうした意識を忘れずに行動する必要性が常に求められていることを理解しましょう。
岩はもちろん、その岩を含むエリアはクライマーのものではありません。でもそれらはクライマーにとってはかけがえのない財産です。自分達の目的のためにそれを使わせてもらっている以上、自分たちの財産は自分たちの手で守りましょう。その行動ひとつひとつがその財産を一瞬にして失わすことも、守りつづけることもできます。これだけクライミングジムが多くなり、多種多様なひとがクライミングをし、岩場でクライミングを楽しむようになってきたことはメジャーになってきたと喜ぶべきことである半面、いままで考える必要のなかったさまざまなリスクや状況を私たちに投げかけます。その中で「岩場でクライミングする」という行為そのものがいままでにないくらい大きくクローズアップされてきています。これまで自分たちが当たり前に楽しんでいる岩場がいまとても脆く、危うい基盤の上に立っていることをひとりひとりがもっと真剣に意識し、自分たちの手でそのフィールドで遊ばせてもらう資格を各自が身につけましょう。
2012年2月1日・スタッフ・山田 記